やはりエリ女はリピーター有利なのか?

her_symbol_repeat_only

エリザベス女王杯はリピーターが有利であると判断するメディアは少なくないようです。

おあつらえ向きに昨年の1, 2着馬ラキシス、ヌーヴォレコルトが揃って出走してくれます。的中させに行くならばド鉄板ではありますが、反対に勝ちに行くならば買ってはいけない馬券になるのではないでしょうか?

メディアが取り上げる材料は少なからず参考にする人がいるはずです。つまり、人気もそっちによっていってしまう、ということ。人気の馬券は当たればいいのですが、当たらないか久利生も当然あります。ローリスクローリターンと言えば聞こえこそ良いですが、馬券とは控除率により、勝った瞬間に資産価値としては負けてしまっています。本命を順当に当て続けていけば、収束するのは間違いなく0です。これは数学的に簡単に証明されるでしょう。

これをどこかで覆すためにはオッズと期待値の乖離している馬券を見つけることです。本命馬に人気が集まる=的中率以上に低い配当となってしまい買っただけ損する馬券ということになります。今回のラキシス-ヌーヴォレコルトなどはまさしく人気になりそうです。もちろん本命中の本命ですが、そのぶんあたってもおいしくない、外れたら手痛い損な馬券となる見込みが強い。

どうしても馬券を買わなければいけないならば軸にすると良いのではないでしょうか。私はG1レースなんてどうしても馬券を買ってしまうたちなので、他の材料が見つからないかぎりラキシスで馬券を買うことになってしまうでしょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です